株の損失を取り戻す!

特にルールもないまま何となく株をやった結果、車1台買える金額を失ってました。アベノミクス相場で損失ってどんだけ・・・。「オニールの成長株発掘法」と出会い、その手法で損失を取り戻すこと決意。その過程を記録していきます。記載した銘柄はお勧めしているわけではありません。投資は自己責任!

MENU

2017/02 銘柄分析

分析結果

いやぁ~今日は分析に時間がかかった。

まさか分析ルールの一つが分析ツールから抜けていたとはなぁ~今までの分析結果は誤ってたってことだな、うんうん(サラッ

ご、ごめんなさい・・・。

後、「過去3年分」の部分の判定をちゃんとしました。なお、分析結果が合っているかはちゃんと検証してない模様。

また、「過去3四半期の売上とEPSが急増」は目検でやるしかない。いや、しか無いわけではなくて条件追加してないだけのでいずれかはやりなさいよ俺!!!!!まったくもうこの子は!!!!

 

そして結果がこちら。

なんかだいぶ減りました。

うーむ、2~3個ピックアップしてみるとちゃんと条件満たしてるから大丈夫だと思うけど、東急建設が入ってない理由が分からん。明日にでもツール再確認しよう。

 

※2017/02/01時点のデータを使用

コード 名称
1805 飛島建設
1808 長谷工コーポレーション
1814 大末建設
1821 三井住友建設
1852 淺沼組
1896 大林道路
3138 富士山マガジンサービス
3252 日本商業開発
3299 ムゲンエステー
3374 内外テック
3458 シーアールイー
3541 農業総合研究所
3677 システム情報
3911 Aiming
3915 テラスカイ
3923 ラクス
3929 ソーシャルワイヤー
3931 バリューゴルフ
3932 アカツキ
3934 ベネフィットジャパン
3936 グローバルウェイ
4350 メディカルシステムネットワーク
6026 GMO TECH
6049 イトクロ
6071 IBJ
6173 アクアライン
6177 AppBank
6181 パートナーエージェント
6184 鎌倉新書
6187 LITALICO
6191 エボラブルアジア
6192 ハイアス・アンド・カンパニー
6194 アトラエ
6195 ホープ
6196 ストライク
6198 キャリア
6238 フリュー
6531 リファインバース
7270 富士重工業
8909 シノケングループ
9466 アイドママーケティングコミュニケーション